自己処理で肌が汚くなりました

私がムダ毛処理で肌を汚くしてしまったのは大学生の頃です。

もともと体毛は薄く、気にするほどのムダ毛でもなかったのですが、遠方の大学へ進学した際、高校までの田舎にいた頃とは違う周囲の美意識に刺激され、ムダ毛を気にして電気脱毛器というものを購入しました。

それを使いスカートを履いた時に見えるひざ下を頻繁にムダ毛処理していました。

きっと脱毛器を使うだけなら問題はなかったのかもしれません。

ただ、その後のケアの仕方を知らずに処理後はそのままにしていました。

するとトラブルはすぐにおきました。

脱毛器で抜ききれなかった毛が毛穴の中で炎症を起こして埋没毛になっていたり、毛穴への負担が大きかったのか、毛穴が黒ずんでひざ下が水玉模様のようになり、そこでやめていたら良かったのにそのまま使い続けたため、黒ずみの水玉が広がり、次第にひざ下の皮膚がまだら模様のようになってしまいました。

時々埋没毛が膿んで腫れたり、皮膚の下に渦巻き状に埋まってる毛をピンセットで掘り出してさらに自分で処理してたので、カサブタや肌の凸凹でますます汚くなっていき、人前でひざ下の生足を見せることができないほどになりました。

夏は絶対ズボン、冬はタイツが履けるからなんとかスカートが履けましたが、20歳前後の一番オシャレを楽しみたい時期にこんな失敗をしてしまったのはとても悔しかったです。